音楽ファイル

出会った音楽を記録するだけの単純なブログ

恋ダンスは、魔法のダンスだと思う件。

ついに終わってしまったドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」、通称「逃げ恥」。

私もドラマとともに話題となったエンディングの「恋ダンス」を覚えた一人です。

あ、今日は音楽記事ではありません。完全に番外編。


ダンスをマスターする過程で自分なりに考察してみて思ったこと
を、つらつらと書いていきたいと思います。


余談ですが、何故私が恋ダンスを踊ろうと思ったのかも書いておくと、
私は、下手の横好きレベルではありますが、一応ダンス経験者です。

単純に、血が騒ぎました。ただそれだけです。

忘年会シーズンだし、覚えておいたら今後の人生のネタにもなりそうかな!

そんなノリです(笑)

とはいえ、私の職場はそういう一発ネタの披露がある忘年会ではなく、近々結婚式に出席する予定もないので余興で披露することもないですし、

淡々。ほんと、淡々。黙々。

一人で練習し、一人で動画を撮影し、一応非公開のInstagramにアップし、友達からいいね!を貰い満足する。

とっても自己満足な恋ダンスです。

ですが、その自己満足のためにかなり研究したとは思います。

本家の動画を何度も再生し、芸能人の踊ってみた動画をはじめ、ダンサー、一般人。YouTubeInstagram

どうすれば上手く見えるのか。美しく見えるのか。はたまた可愛く見えるのか。

とにかく見ました。見ましたよ、ええ。


でもね、気付いちゃったんですよ。思っちゃったんですよ。そのなかで。



ダンスがとっても魔法のダンスであるということに…!!!



まずはじめに、ガッキーの可愛さは超えられない。どんなに上手くてもガッキーの可愛さは超えられない。

そう、可愛いの前では服従全面降伏とはまさにこの事。

そして次はガッキーだけでなく、他のキャストにも言える事なのですが、

キャストが醸し出す独特のオーラ

は、やはり素人には出せない。
そしてダンスの上手いアイドルとかが踊ってても上手いは上手いが何かが違う…。

特にこのダンスの上手い人が踊っていても、「上手いと思うけど、何かが違う」がこの恋ダンスが持っている不思議な力の一つで

上手い人がガチで踊ってる動画よりも、仲間内で多少おぼつかない動きでも楽しくワイワイ踊ってる素人の動画の方が圧倒的にキラキラしていると、私は感じたんです。

上手い人は確かに上手い。

だけど、上手い下手より、いかに自然な笑顔で楽しそうに和気藹々と踊っているか。

ダンスは魔法のダンス。

そう思った一番の理由はそこなんです。


ダンスの振付師であるMIKIKO先生、恐ろしい作品を生み出したな…って思います。