音楽ファイル

出会った音楽を記録するだけの単純なブログ

DAICHI MIURA BEST HIT TOUR 2017 大宮初日

こんなスペシャルな経験は、そうそうないので久しぶりにブログを書いてみることにします。


思い返せば去年の今頃あたり。


私の三浦大知熱は低空飛行も低空飛行となっておりました。
周りが盛り上がっているのに対し盛り上がれない私。
三浦大知ファン人生も遂に終わりなのだろうか?
そんな事を思った日がありました。


記念すべき代々木公演も欠席し、3月発売のアルバム「HIT」も今までで一番ノロノロと予約。


しかし!!!


このHITという作品が私の三浦大知愛を再び熱くしてくれた奇跡の作品となるのです。


6月に行われたファンクラブイベントはセットリストが最高すぎて、Zepp Tokyo1公演だけの予定がまさかの豊洲PITにまで再参戦。
そしてその豊洲PITで発表されたBEST HIT TOURの開催。


だかしかし!ここで大問題が1つ発生。


周辺に好きなアーティストのライブスケジュールが詰まりすぎていて、まさかの

大宮公演しか参戦出来ない事態。。。


今1公演しか申し込めないとか落選したらどうするんだ自分…。
でもここは腹をくくるしかない!!!これだけはどうしようもない!!!
一か八かの大勝負だ!!!
当たって砕けろだ!!!



しかし、このリスキーなチャレンジが後に奇跡を呼び寄せる事になるのである。



関東全落選した人も居るとの話も小耳に挟んだ今年のツアー。
そんな中、奇跡の当選!!!
それだけで十分有難いのに、気付いたら流れ始めているオファーシリーズの噂。


即、噂の動画をチェックする私。


練習風景のスタジオが私の記憶にあるライジングスタジオと完全に一致
岡村さんの振付がリプレイと完全に一致



間違いない。間違いない。
来る…きっと来るーーーー!!!



八王子か!?大宮1日目なのか!?2日目なのか!?

期待に胸を躍らせる日々を送る私に、更なるミラクルが。



なんと良席すぎるチケットが到来!!!



三浦大知という人間を至近距離で見られるだけでも有難いのに、もしこの唯一参加予定の大宮公演にあの岡村隆史までもが来てしまったら…!!!


当日、大宮駅に着く頃には私の緊張はMAXに。


友人と開場待機列に並ぶ。
すると開場待機列を撮影するカメラ隊の姿が。


だがしかし、カメラの種類が良いカメラすぎないか?怪しくないか?え?え?


チケットをもぎってもらい、グッズを買い、トイレを済ませ、会場内に入る。


な ん な ん だ !
ツ ア ー 最 終 日 で も な い の に こ の カ メ ラ の 数 は …! ! !


客席最前列に手持ちカメラ3台・左右に大型カメラが2台ずつ・PA席辺りに大型カメラが3台くらい。


おかしい。あまりにも不自然すぎる多さのカメラの数。
もうこれは今日だろ!
今日来るしかないだろ、岡村隆史!!!


そんな思いが渦巻く中、場内に流れる
「本日はDVD撮影が入っております」との開演前アナウンス。


これはカモフラージュなのかい!?カモフラージュなのかい!?


疑心暗鬼になりながら、遂にライブは始まったのである。(長い…)


※ここから先、オンエア以上のネタバレの可能性がありますのでご注意下さい。






いよいよ始まったCry & Fight 。


久しぶりに見た気のするアカペラダンスで始まらないC&F。


だがしかし、スモークもくもくで前が!前が見えねぇ!
スモーク焚きすぎじゃない?え、てか何これ火事とか起きてないよね?え、本当に大丈夫?


そんなレベルで押し寄せ続けるスモーク。


押し寄せ続けるスモークと大知&DMダンサーズのパフォーマンスに圧倒されてると、気付けば無音ダンス部分に。


突如止まる音に何が起こったのか混乱する私。


え?何?ここからBlack Holeになっちゃうの?あれ振付違う…え、もしかしてクラファイ最後なの?
てか、ちょっといつもより振付少しズレてる人居ない?初の演出だしツアー序盤だしそんなもんなのかな?いや、DMダンサーに限ってそんな事は…ないないない。


毛頭、石器時代の人=ランディ・バース=ドロボーヒゲのPURIもどきとなった岡村さんがそこに居るとの考えはその時の私にはなく。


目まぐるしく考えているうちに目の前の三浦大知は、涙を拭いて迷いをお消しになられていた…。


2曲目はオンエア通り。


なのですが、その瞬間私はある事に気付くのである。


え?ここでこの曲来るってことは、こないだのMTV VMAJの流れ的に次リプレイ来ちゃうの?え?もう岡村さん出ちゃうの?(※実際にはもう出ていたのだが)


え?え?その日もう何度目か思い出せない


え?


でもツアー中に出るメデイア媒体でのステージって大体演出まんま持って来る事多いからどう考えてもそうだ…となると岡村さんがリプレイに登場するためにはリプレイをリプレイするしか…


と考えてるうちに2曲目は終わり、リプレイが始まってしまう。やはりーそう来たかー!そう来るかーーー!!!


岡村さん、やっぱりコナーーーーーーイ!!!3曲目で来るわけなああああああああああい!!!!


リプレイ後、ライブの流れは大知さん及びDMダンサーズによる見事なまでの圧倒的なダンスエンタテインメント空間となっていき、私の心はお久しぶり〜!な愛しのシッキンに満たされ


岡村さん?まぁ今日はもうないよね。大知も最近人気だからカメラが沢山入るようになったんだね!そうだよね!おめでとう!


あれだけ期待に高鳴っていた胸もいよいよ落ち着きをみせ始めてしまっていた…。


と同時に、


HITの曲が全然来ないぜBEST HIT ツアー…なんちゅうこっちゃ!!!


と思っていたところに放り込まれたDBD。


Nao'ymt作品好きとしてDBDは大好きな一曲なので有難やー有難やー。また生で聴けて有難やー。


しかしDBD大サビ前で大知さんは珍しく歌声が詰まるというアクシデント。


どうした大知?大丈夫か、大知。忙しすぎて疲れてるんじゃないのか大知。
心配になる私の心。


そして終わったDBD。次の瞬間事件が起きるのである。(長い。。。)



ズンズンダンッツズンズンダン…ズンズンダンッツズンズンダン…


ぎょあああああああああああ!!!!!!!!
リプレイのリプレイきたああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!
オファーシリーズきたあああああああああああああああああああ!!!!!!!!


そこからは先はオンエアの通りでして。


アベンジャーズ状態の中、頑張る岡村さんに夢中で大知が目の前に居た瞬間の記憶が全くありません。


友達とひたすら「ヤバイ!本当に来た!ヤバイ!岡村!」を連呼していたような気がする。


会場の盛り上がりは、バナナマンマネージャー小山さんの話にもあったようにかなりえげつなかった。


今までで一番盛り上がった…正確には爆笑と感動の渦に包まれていた。


す、すごすぎる。て、テレビって凄い。お、岡村さんって凄い…凄すぎる。。。



オンエアはされていませんでしたが、リプレイ後、岡村さんが戻って来ない中、スーパーダンサーズにマイクが渡り色々話す時間があり。

ブレイク担当 WATA先生は


「岡村さんは僕ら世代のB-BOYには憧れの存在で、そんな人とこうして共演出来る機会を頂けて、ステージに出てくる前、泣きそうになりました。」


と。


こっちまで泣いてまうやろー(´;ω;`)


POP担当 KITEさんとお馴染みSHOTAさんは大知さんに


「衣装脱がせてなかった?え、グルなの?」


と問い詰められ


「ステージ上で倒れてる人が居たので心臓マッサージしてました」


やら、言い訳と責任のなすりつけ合いをし(笑)大知さんに


「2人とも後で楽屋で」


と言い渡される爆笑のやりとり。


ロック組は、Hilty & Boschが、L.A.からこのために来日してくれた事とかを話してたのは覚えてるんだけど


とりあえずKITEさんが面白すぎて強烈キャラすぎて失念してしまった…(ごめんなさい)


あとはkazukiさんが


「皆さんも知ってるあのシリーズですよ!?ヤバイですよね!!!」


と話していたことは覚えてる。


大興奮のうちに終わったアベンジャーズリプレイから気を取り直し再び始まった


俺のライブ(by.三浦大知)


私だってそう思っていた。岡村さん、最後まで出て来ないとかもまぁアリだよねテレビの人だし。テレビ番組だし。勿論、話聞きたかったけどね。


もう誰もが三浦大知のライブモードに戻っていたであろう中、事件は起きるのである。


そう、ステージ上段中央に現れたショッカーもどき。再度私たちの前に現れた

THE ENTERTAINER 岡村隆史


唖然とする客席が徐々に爆笑に変わり、会場の異変に気付き後ろを見て項垂れる大知。(この光景は脳裏に焼き付いて離れないくらい印象深い。)


そしてまさかのEXCITEまで踊れるショッカーもどき。正確にはブラック・スカル


面白すぎてこの日以後、EXCITEを聴くたび笑いを堪えられなくなってしまうこの気持ちは、あの日参戦した人ならばきっと共感してくれるのではなかろうか。


EXCITE終了後、大知から岡村さんへようやくの質問タイム。

・NOPPOからの帽子を奪いましたよね?
・衣装はどうしたんですか?
・最後の立ち位置おかしいですよね?
・っていうか、今の仮面ライダーにこんなキャラクターいないですけど?

◆衣装被りについて
大知くんの衣装は、衣装さん曰くよく動くからすぐダメになってしまう。そのためにいっぱい生地を買ってて、ちょうど岡村さんの衣装が作れるぶん、生地が余ってます!と言って作ってくれた。

◆最後の立ち位置問題
端っこは機材がいっぱいあって危なかったので真ん中に来ました。

とのこと(笑)


所々で「すみませんでした。」と謝る岡村さんとそれに対する大知とのやり取りはなかなか面白かった。


大知がどう返してたかは忘れちゃったけどひたすら爆笑してた記憶はある。


そしてこのトーク中に明かされた一番の衝撃事実が

クラファイでの無音ダンスでPURIもどき…いや、PURIさんと入れ替わってた事件


どぅええええええええええええええええ!!!!!!!ひょえええええええええええええええ!!!!


この時の会場のどよめき半端なかった。


最前列とか中央ブロックあたりに気付いてた人が幾分居たように見受けられたけど、気付いてなかった人の方が圧倒的に多かった。


私が感じていた違和感はこれだったのかー…。納得した瞬間である。



ライブ終わって帰り道で聞こえてきたファン同士の会話は「今日は有難う!!!思い出になったよ〜!!!」


そんなやり取りが多かったような気がする。


チケット取ってくれた友達に対しての有難う。
一緒にこのステージを見れた事に有難う。
岡村さんに有難う。
EXCITEできた事に有難う。


有難うに各々の色々な思いの有難うが詰まってた気がする。

とにかく今日凄いものを見た!っていう一体感・空気感が凄まじかった。



よくよく考えると今年のツアー唯一の参戦公演だったので、


てか、ホントはどんなセトリの流れなのこのツアー?そもそもMCってあるの?ないの?


という疑問が湧き、見事に岡村さんがドーンと持ってってしまったなぁ…と思ったりしたんだけど、


これは今の三浦大知だから可能になったステージの1つで、その場に居合わせられたこれ以上の幸せなんてあるのかな?いや、そうそうないって!!!


プライスレス!!!


ということで、忘れられない最高の思い出となりました。


そうです。アレです。


「あなたが忘れてはいけないことは何ですか?」


と今後、聞かれたら


「笑い死にしそうだった大宮公演の夜」

と、答えることにします。迷わず


〜完〜

山内惠介 - 愛が信じられないなら

ここ1〜2年くらい、日曜のお昼はもっぱらNHKのど自慢を見ています。

そして今夜は、そのNHKのど自慢の今年度のチャンピオン大会が生放送されていた訳ですが、

ゲスト審査員の山内惠介さん「愛が信じられないなら」。

あまりのベースのグイグイ感に、唖然としてしまいました。

裏取りなんですよ。特にサビはもうベースが一番存在を主張しているっていう。

ベース大好物人間としては、もう感激です。攻めの演歌。いや、歌謡曲なのか?たまらないです。

POPSPRING 2017 元ファンによるw-inds.オススメ楽曲編

今の若い子達はw-inds.知らんのかーーーーーとPOPSPRING問題を見てて衝撃を受けたので

2001〜2012年くらいまでw-inds.大好き人間だった私が、中でもイチオシ曲を紹介してみようと思います。


Sweetest love

Sweetest love

Sweetest love

これは2015年ですかね。なんかのシングル(多分、FANTASY…?)のカップリング。

離れてから全然見聴きしてなかったのですが、ひょんなきっかけでiTunes試聴したら大当たりで即ダウンロードした記憶。


Listen to the Rain

これは2012年リリースのMOVE LIKE THISってアルバムにリード曲として収録されていました。なのでビデオもあります。

このアルバム、日本にEDMの波が押し寄せていた頃ですっごいEDM色強かったんですよ。

なので、アルバムの中でもかなり異彩を放っていた楽曲。だがしかしEDMに飽き飽きし始めていた私にはどストライクだった一曲。


TOKYO

これは名曲。

東京に出てきた人は、きっと歌詞に思う事が何かあるはず。
東京に出てない人も、社会に出て大人になっていくなかで色々思う事が詰まってて共感出来るであろう曲。

MVには確か西内まりやちゃん出ていたような、いなかったような曖昧な記憶。。。

とある日のライブの某シーンは永遠に忘れられない。嗚呼、昔のオタクっぽさが滲み出てきてしまった(笑)


アメあと

この曲はですね、ぶっちゃけファンだった当時は好きじゃなかったんですよ。

慶太さんメインのMVもファンの間で物議を醸しましたし(笑)、まぁその頃他にもっと好きな曲もあっただろうし、全然ピンと来てなかった。

それがファン卒してしばらくしてから、あれ?もしかしてこの曲めっちゃお洒落だった?って気付きまして。

Justin TimberlakeのSuit&Tieって曲のような雰囲気なんですよ。後ろの管楽器の感じが。

で、アメあと2007〜08年くらいの曲なんです。

早い段階でレベルの高い素敵な曲作ってたんだなぁって後から良さを知るっていうやつです。今はすっかりお気に入り。


HYBRID DREAM

これもいいですよ〜。遠距離恋愛中の彼女に会いに行く歌なんですけど。

景色が浮かぶんです。そう!景色が浮かぶ。これ、w-inds.の楽曲の中にはちょいちょいあるんですよ。

日本語だからこそ受け取れる・理解出来る情景だったり表現があると思うんです。


四季

これもまさに情景作品な一曲。

ここら辺前後(2005年くらいまで)より前のw-inds.の楽曲は、情景作品が多いです。

葉山拓亮さんという方が作詞作曲された楽曲が多いからなんですが、代表曲という事で四季にしておきます。

今の若い子達も四季くらいなら運よければ知ってるかもしれないので(笑)



以上、w-inds.編でした。

最近のw-inds.事情はあまり詳しくないので、最近の楽曲を紹介出来ないのが残念ですが

紹介したやつは自信を持ってオススメ出来る楽曲ばかりです。

POPSPRINGに参戦予定の洋楽中心な方々の中に、少しでも気になる楽曲があれば…と思います。

ただし、これらの楽曲、高確率で当日歌う事はないですからね。悪しからず。笑

POPSPRING 2017 洋楽編

さて、邦楽編に続き洋楽編もいきますよ〜!

まず洋楽は、アルバムリリースあってのシングルカットが一般的なので、ビデオが作成されてる曲はアーティストが売りたい・推したい曲。

要するに、大衆に受け入れられやすい曲だと私は解釈しています。

なので普段あまり洋楽を聴かないという邦楽ファンの方は、各アーティストの有名曲を知るのが一番手っ取り早いと思います。


Fifth Harmony

彼女達といえばやはりこの曲じゃないでしょうか。来日してMステに出演した際も、確かこの曲を披露していたような。

POPSPRINGへの出演発表後にメンバー カミラの脱退のニュースがありまして、「5じゃなくて4じゃないか…」とツッコミも入れたくなりましたが

オーディション番組から誕生したグループなので、そこら辺の事情は仕方ないかもしれません…。

元祖ガールズグループとしては、サッカーイングランド代表ベッカムの奥さんが在籍した「スパイス・ガールズ」が有名かと思いますが

イギリスで現在そのような位置付けにいるのがLittle Mixで、アメリカはFifth Harmony。そんな印象を持っています。


DNCE

DNCEと言ったらこの曲!
昨年の夏頃に街中でよく流れてた記憶があるので、聴いたことあるって人、結構居るんじゃないかなーと。

日本版のMVには、仲里依紗が出演したことでも話題になりました。

DNCEといえばジョー・ジョナス。そしてジョー・ジョナスといえばジョナス・ブラザーズなんですが、弟のニック・ジョナスも歌手です。

弟ニックのこの曲も一時期散々流れてましたよ。


Jordan Fisher

Jordanは他の洋楽出演者と比べると、まだまだこれからのアーティストだと思います。持ち歌も少ないですしね。

でも実力は間違いないと思います。っていうか、私のイチオシです(笑)

以前に当ブログでも書いたように、あのAriana Grandeも虜のようですよ。

枠的にはダンスも上手なのでChris BrownとかUsher枠になってくのかな〜なんて思うのですが、

POPSPRING的な話をするとw-inds.Da-iCEのファンの人は、気に入る可能性大かと。

Da-iCEのファンの方には、是非こちらのJordanのInto youのcoverも見ていたただきたいです。

あと、Jordanは来月公開のディズニー映画「モアナと伝説の海」のエンドソングに抜擢されています!

モアナがアナ雪のような社会現象になった際には是非「エンドソング歌ってる人、生で見たよ!」と自慢して下さい(笑)


Shawn MendesとSabrina Carpenterに関しては申し訳ありません。私もまだまだ勉強不足です。

後日また更新出来ればと思います。

POPSPRING 2017 邦楽編

先日、追加の出演者発表があったPOPSPRING。

邦楽アーティストばかりということで物議を醸していますが、洋邦問わず好きな音楽を気ままに聴く雑食タイプという私の特徴を活かし、

一先ず知ってる出演アーティストのオススメ曲でも紹介してみようかと思います。

ちなみにですけど、私が邦楽で好きになる曲って、そのアーティストの人気曲・有名曲じゃなかったり、日本の売れ線から外れてるかも…と思う事が多いです。

だからこそ、洋楽ファンの方が気に入る一曲があるかもしれません。


w-inds.

以前、当ブログでも紹介したこの曲は絶対歌うと思います。最新シングルですから。

w-inds.は他にも良い曲あります。実は2011年くらいまでは追ってたので、結構詳しいです(笑)

ただ、フェスで歌う曲となると難しい。。。きっと私の好きな曲なんて、歌われる可能性0%と断言できる。ぐぬぬ

暇がありましたらw-inds.限定編も書いてみようかと思います。


Da-iCE
洋楽層には、ArianaのInto youのcoverを見せるのが一番手っ取り早い紹介なんでしょうけど、私はあえてコレを推しておきます。

以前、当ブログの別の記事でも書きましたけど、邦楽の良さって切なソングにあると思うんですよ。この曲とかまさにそれ。

またこういう曲調のダンスって、ある程度のスキルないと難しいんで、そこも含めての高評価。

他にもSKY-HIとのコラボ曲とかダブステっぽくて良さそうですよ。

っていうか赤髪のボーカルの子、声がめっちゃNissy。たまらない。。。
友達に好きな子多くて名前だけ知ってた感じなんですが、新たな発見。


FAKY

FAKYはコレかなー。avexYouTubeチャンネル登録してて、アップされた当時たまたま見た記憶。

自分の中でFAKYの第一印象って韓国の2NE1の日本版?的な感じでした。

と同時に「へー、日本のガールズグループにもこういう子達居るんだ〜」という新鮮さも。

LDH系ともまた少し違うかな〜って思ったんですよね。私がLDHのそっち系詳しくないってだけかもしれないですが…。

厳しいこと言うと、いわゆる日本の売れ線の音楽ではないと思います。
でもだからこそ、洋楽層では好きとまで行かなくても「ん?」ってなる人は居ると思う。

如何でしょうか。


とりあえず取り急ぎ3組書いてみました!
他の出演者含め、公演までにもっと掘り下げられたらと思っています。

Spotify

今更ながらですが、ストリーミング音楽配信アプリの「Spotify」をダウンロードしてみました。

今までjangoをたまーに使ってたんですが、Spotifyはアーティスト単体でのプレイリストがあるのがいいですね。

jangoは似たテイストのアーティストの曲も流れてきますから。それで良曲発掘することもありますが。

そういえば広告的なやつで、めっちゃ音痴な歌が配信されてて唖然としたこともあったなぁ。。。


流石にフリープランだと出来ることも限られてますし、音質も物足りないです。

でもまぁラジオ的な感じで聴き流すには良いのかなーって思います。iPodをシャッフルすると、どうしてもよく聴く曲と飛ばす曲で偏りでますからね。

Suchmos始めました。

こんばんは、Suchmos始めました。

正しくはSuchmos、完全にハマりました。虜です。もうどうしようもない。恋です。これは恋。


事件です!!!!!


最新アルバム買うか悩んだので、手始めに1stアルバム『THE BAY』とTSUTAYAレンタル限定盤借りてきました。結構曲被ってますけど。


いやー、即行動で借りてきて良かったです。

もっと早くに知っていたかった。。。そう思ってしまうくらい、どの曲も素晴らしかった。

もう初期からファンの人たちなんて今鼻高々でしょう。誇れますよね、これ。間違いなく。


私は彼らが影響を受けたという

を聴いて育っていないので、(ジャミロクワイとマルーンは数曲くらい知ってますが) 全てが新鮮に聴こえるんです。

勿論、洋楽っぽいな〜とは思うんですが(実際勘違いしてましたし)、それでも上記の音楽を聴きこんではいないので、やはり新鮮。

日本でこういう楽曲って、どうしても売れ線じゃないので(今回を機に過去形になるのかな…)、出ては消え出ては消えの繰り返しだったり、メジャーに出てこずで終わったりとかだったのかもしれないだけに、

今のこのCDショップやメディアでのプッシュのされよう・反響・リスナーの期待感。

嗚呼、みんなこういう音楽をやる日本人を、こういう音楽を日本で聴ける日を実は待ち望んでいたんじゃないのかな…って勝手に思ってみたり。

YMMとか身体勝手に動きますもんね。揺れますもん。

Bruno Marsが先日来日した時のインタビューで言ってました。

「良いリズムを聴くと、勝手にカラダが動くんだよ!」

と。

そうなんですよ!私は邦楽でもっとそういう音楽が欲しいいいいい!!!!もっと揺れたい!!!自由に!!!

と言っても私、いきものがかりでも身体揺らせますけどね。風が吹いているとかでも揺らせますけどね。笑


とにかく2016年後半から、先日も書いたようにライブの定番曲問題でだいぶ落ち込んでたので

今、自分が良いと思える音楽に出会えたことが猛烈嬉しくて仕方ないです。幸せです。

はー、有難うSuchmos!!!

THE KIDS(通常盤)

THE KIDS(通常盤)